裾野の広さを知る

初めてアルバイトをはじめるときは緊張するものです。それは初めて社会に出ることでもあるからです。
アルバイトにはいろいろなものがあり、知り合いのお店を手伝うようなものでも立派なアルバイトです。システムや規則がしっかりとしているところで働くわけではないからといって、適当にこなしていいことにはなりません。
仕事をすることで対価となる給料をもらうのがアルバイトですから、どれだけいい加減に思える場所でも、大きな責任があるのです。
アルバイトの探し方は、自分自身で決められます。誰かの紹介で働くも良し、友人と同じところに応募しても良し、リゾートなどの場所に出向いて泊まり込みでするアルバイトもあります。
どのような仕事を選ぶにしても、基準となるのは時給であり、勤務時間であるといった条件になります。それに加えて、自分が興味があったり、目的のために役に立つというような条件が付いてきます。
現在は正社員でも終身雇用は厳しくなっていますが、アルバイトの場合はより不安定な基盤を逆に利用することができます。つまり、定期的にアルバイトを変えていったり、同時にいくつもの仕事をすることで、いろいろな職場を積極的に経験することができるのです。

ページの先頭へ

スキルを持っているか

アルバイトをはじめるときにチェックしておきたいポイントの一つが、経験の有無を問われているかどうかです。
多くのアルバイトは研修期間を設けていたり、働きながら様々な技術を習得することを許されています。つまり、初心者でも歓迎という募集の仕方をしているのです。しかし、なかには初めから一定以上のスキルを有している経験者に限定しているアルバイトもあります。
そうしたアルバイトは即戦力を求めているのであって、とくに職人的な技術や専門知識が必要な職場であることが多いものです。もしも、アルバイトをはじめるときにこうした知識や技術を有していたら、それを活かすことで時給や待遇を、初心者とは別に設定してくれるところもあります。
反対に、一番やってはいけないのが、虚偽の申告です。経験者優遇であるからといって、さしたる経験もないのに応募しても、後々苦労するのは自分であります。
あるいは、何らかの技術を身につけるために、それに関連するアルバイトに付くこともできます。このようなポイントで選んでいる人は結構います。

ページの先頭へ